2013年9月アーカイブ

少し気が早いかな~と思いつつ、お休みだった昨日、おでんを作ってみました。

一晩経った今日、夕飯にまたいただきます~。

 

昨日はあんまり時間をかけて煮なかったので、味のしみこみ方も今一歩だったし、なんと結び昆布を入れるのを忘れちゃってて(汗)、食べる直前に入れたらまだ硬かったです・・・(涙)。

たぶん今日には食べごろになっているだろうと(笑)。

 

それにしても朝晩はずいぶん寒いくらいに涼しくなりましたね~。

そんな気温なのに、昨晩夜中に蚊に刺されて起きちゃいました(!)。

いまだに半袖のTシャツと膝丈の短パンで寝てるのですが、3か所くらいかゆみを感じました。

この時期の蚊はあなどれませんね~けっこうかゆかったです。

 

明日も調剤業務です。

がんばっていこう!

薬剤師が転職するにあたり、ある調べによると、24%程の薬剤師が派遣会社から情報を得て、転職をしていると言います。 これには、給与、年収というような収入面における交渉も人材派遣を利用することにより、人材紹介会社が代わりに行ってくれる事から、非常にメリットも多く、便利であるという理由により人材紹介の会社を利用し転職を行うという事になります。

人材紹介とは、そもそも厚生労働省の許認可を受け、認められている会社が、薬剤師と採用したい会社、企業の間に入り、助言及び面接等の設定等を行いサービス展開しています。 もちろん、こうしたサービスを利用するにあたり、薬剤師側には費用が発生しないため、上手に利用することにより、希望通りの就職先に転職へとつながります。 (※薬剤師の採用基準はここを参考)

そもそも、人材紹介を利用するメリットを考えると、そこには、コーディネーターが存在する事となりますから、転職に関するあらゆる相談ができ、尚且つ無料で利用できるという点は、利用する薬剤師にとっても大きなメリットといえるでしょう。 また、薬剤師側に気になる会社がある場合は、その会社の情報を確認する事もでき、尚且つ情報を教えてもらえるという利点があります。

人材紹介会社を利用するにあたり、何より希望条件の会社を紹介される事となり、面接した後に万が一、辞退をしたい場合も人材紹介会社が対応してくれます。 更には、非公開求人も色々と人材紹介会社には存在していますから、求人自体の質が高い事も、薬剤師にとってのメリットとなります。

人材紹介会社を利用することにより、他の薬剤師及び薬剤師が働く業界における情報が確認できるということもあります。 そんな、薬剤師には、取ってもメリットが大きい人材紹介会社ですが、その会社は、非常に色々と存在しているので、いざ、利用しようにも選び方がわからない場合も多いと思います。

人材紹介会社を選ぶ場合は、何よりその業界に精通しているコンサルタントが在籍している会社である事も比較ポイントの一つで、求人案件の量もやはり比較ポイントとなります。 しかも、アドバイスにおいても、単に相談を聞くだけでなく、公正かつ中立な立場からのアドバイスが頂ける、という事も会社選びの比較ポイントとなりえます。

もちろん、求人をただ単におしつけるだけでなく、しっかりと薬剤師一人ひとりの話を聞き、きちんと考えてくれる、という事も非常に大切で、対応が早い、遅いによっても、こうした会社選びの際には、重要なポイントとなりえます。

最近ちょっといろんな問題を抱えていて、正直体がしんどいな~と思うことが多いです。

 

普段は薬局で調剤業務していますが、仕事が終わった後に夜遅くまで出ないといけなかったり、週末も朝から夕方近くまで出ないといけなかったり・・・が続いて、昨日の朝なんかは正直とってもつらかったです・・・(涙)。

まあ昨日の夜が比較的寝られたのでよかったですが、それでも慢性的に寝不足状態(汗)。

早く解決してくれないかな・・・と毎日祈ってます。

 

まあここでは詳しくはかけませんが、誰かに悔しい想いをぶつけたい!と思いますね。

いえばすっきりするかな!?

いや、そういうもんでもないかもしれません・・・(涙)。

 

まあもし誰かに話せるような状態になったら、その時はブワーッとしゃべっちゃおうかな!?

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク